漫画電子書籍

【2020年】おすすめ漫画電子書籍サイトランキング!【31社比較】

【2020年】おすすめ漫画電子書籍サイトランキング!【31社比較】
漫画を読むのにおすすめの電子書籍サイトってどこなんだろう?

漫画を読むのにおすすめな電子書籍サイトをお探しではありませんか?

「今までは紙派だったけど、部屋のスペースも取るし電子書籍で漫画を読みたいな…」と思っている方は多いかと思います。

私も昔はあなたと同じように、紙の単行本で漫画を読んでいました。

電子書籍に移るのは抵抗感がありましたし、「読みやすいのかな?」と心配もしました。

ですが一度電子書籍を使ってみると、指をタップするだけで読めて楽チンだし、部屋のスペースも取らない。それに、外出先でも電車に乗っているときなど空き時間に読めるので、めちゃくちゃ良かったです。

最初はもしかしたら不安などあるかもしれませんが、一度使ったら電子書籍が手放せなくなりますよ。とってもおすすめです。

 

では、数ある電子書籍のなかでどれが1番良いのでしょうか?

電子書籍サイトは31社もあるので、全部調べて自分で選んでいたら日が暮れてしまいます。

そこで、あなたの代わりに私が厳選しておすすめな電子書籍サイトを選びました

この記事では、電子書籍サイト31社それぞれのメリット・デメリットを挙げつつ、31社をランキング形式でご紹介します

その他にも

  • ニーズ別おすすめ漫画電子書籍サイト
  • 電子書籍サイトを使うメリット・デメリット
  • 電子書籍サイトについてよくある質問

といった、気になりそうなことも取り上げてご説明していきます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

目次
  1. おすすめ漫画電子書籍サイト総合ランキング【31社比較】
  2. 【ニーズ別】おすすめ漫画電子書籍サイト
    • 名作含め無料で毎日たくさん読みたい人
    • 100冊一気に半額で買いたい人
    • BL・TLをたくさん読む人
    • ライトノベル・同人誌をたくさん読む人
    • アダルトジャンルをたくさん読む人
    • 画質の良いリーダーで読みたい人
    • 漫画をレンタルして読みたい人
  3. 迷ったらこの電子書籍サイトを使え!【私のおすすめ】
  4. 電子書籍サイトを使うメリット・デメリット
  5. 電子書籍サイトについてよくある質問
    • Q.電子書籍リーダーを買わないと読めないの?
    • Q.クレジットカードの明細で本のタイトルがバレないか心配…
    • Q.会員登録料金とか年会費はかかる?
    • Q.複数サイトの併用っておすすめ?
  6. まとめ

おすすめ漫画電子書籍サイト総合ランキング【31社比較】

おすすめ漫画電子書籍サイト総合ランキング【31社比較】

それではさっそく、おすすめの電子書籍サイトをランキング形式で31位から1位まで順番にご説明していきます!

「さっさと1位の電子書籍サイトを知りたい!」
「31位なんてどうでもいいんだよ!」
という方は、こちらをクリックして1位のところに飛んでください。

それでは31位から発表していきます。
※すべて辛口でレビューしています。

第31位:ソク読み

第31位は、「ソク読み」です。

一部作品がレンタル可能だったりと良い点もあるのですが、ビューアエラーが頻発するという口コミが多かったため、最下位とさせて頂きました。

まともに読めないのはストレスが溜まりますからね…。

たいして凄いメリットがあるわけでもないので、使わなくてよいでしょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • ログインするとポイントがもらえる
  • 一部作品はレンタルが可能

【デメリット】

  • ビューアエラーが頻発
  • 読んでいる途中でログアウトしてしまう人も
  • 女性向けコミック以外の取り扱いが少ない
  • マンガ・ライトノベル以外の本は取り扱いがない

>>ソク読み

 

第30位:めちゃコミック

第30位は、「めちゃコミック」です。

めちゃコミックはページのコマごとに読める「コマ読み」ができるのが良い点なのですが、コマ読みしかできず、普通にページ単位で読むことができないため、正直微妙すぎます…。

他の電子書籍サイトでは、コマ読みもページ読みも両方できるサイトもあるので、強いてめちゃコミックを選ぶ理由が見当たりません。

取り扱っている作品数も少ないですし、漫画も1話ごとでしか購入できないなど、デメリットが多すぎるので、他の電子書籍サイトを使ったほうがよいでしょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • コマ読みができる

【デメリット】

  • 月額課金制
  • コマ読みしかできない
  • 取り扱い作品数が少ない
  • 無料コミックが少ない
  • 1話ずつしか買えない
  • 一部作品の値段が高い
  • 漫画以外の本はない

>>めちゃコミック

 

第29位:まんがこっち

第29位は、「まんがこっち」です。

一部作品がレンタル可能だったり、会員ランクボーナスがあるなどメリットもあるのですが、一部作品の値段が高かったり、電波が入らないところ(オフライン)では漫画が読めないなどデメリットが目立ちます。

上位の電子書籍サイトのほうがお得ですし、オフラインでも読めるのが当たり前なので、あえてまんがこっちを選ぶ要素が見つかりません。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 数は少ないが一部作品がレンタル可能
  • 会員ランクボーナスがある
  • 女性向けコミックに強い

【デメリット】

  • 一部作品の値段が高い
  • オフラインで読めない
  • スマホでしか読めない
  • 月額課金制
  • 漫画以外の本はない

>>まんがこっち

 

第28位:music.jp

第28位は、「music.jp」です。

music.jpは、漫画だけでなく書籍や映画、音楽も楽しめる月額制のサービスです。

月額の課金額よりも多いポイントをもらえたり、色んなサービスが楽しめるので一見良いサービスなように見えるんですが、実はそこまで作品のラインナップがなかったりします。

映画や音楽を中心に楽しみたい人にとっては良いのかもしれませんが、漫画を中心に読みたい人にとっては不向きのサイトです。

1番高い月額1,780円のコースに入ったとしても、無料で読める漫画は2冊程度なので、漫画しか読まないなら普通に買うほうが安上がりです。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • マンガだけでなく、書籍・映画・音楽も楽しめる
  • 30日間無料体験できる
  • 課金額以上のポイントを使える
  • ほとんどの電子書籍で購入時に最大20%、低くても5~10%のポイントが還元

【デメリット】

  • 無料コンテンツが少ない
  • 漫画メインの人にとっては微妙
  • 音楽は配信数が少ない(約620万曲。LINE MUSICだと約5,000万曲)
  • TL・BL・レディースコミックのカテゴリがないので女性には不向き
  • 基本的に動画はレンタル作品になる
  • 動画ポイントの有効期限が短い
  • 月額課金制
  • 1,780円のコースでもマンガ2冊、音楽8曲、新作動画4~5本が楽しめるくらいだから、マンガは全然読めない

>>music.jp

 

第27位:電子書店コミスト

第27位は、「電子書店コミスト」です。

デメリットもそこまであるわけではありませんが、ほとんどメリットもないサイトです。

同一タイトルの漫画を5冊以上買うとポイントが5%還元になるのは良い点ですが、上位サイトでは全巻まとめ買いで30%OFFのキャンペーンが実施されることも珍しくないですし、特に際立ったメリットではありません。

月額制やオフラインで読めないのも微妙なので、使うのは避けましょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 5冊以上のまとめ買いでポイント5%還元

【デメリット】

  • 月額課金制
  • オフラインで読めない
  • 漫画以外の本はない

>>電子書店コミスト

 

第26位:コミックフェスタ

第26位は、「コミックフェスタ」です。

コミックフェスタは、コマ読みもページ読みもできる点や、コミックフェスタでしか読めない作品がある点が良いところです。

しかし、月額制だったり、オフラインで読めなかったり、まとめ買いができないのはちょっと不便で「うーん…」といったところですね。

特にこだわりがない限りは使わなくてよいでしょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • コマ読みもできる
  • コミックフェスタでしか読めない作品がある

【デメリット】

  • 月額課金制
  • オフラインで読めない
  • まとめ買いができない
  • TL以外は弱い
  • 漫画以外の本はない

>>コミックフェスタ

 

第25位:アクセスBOOKS

第25位は、「アクセスBOOKS」です。

コマ読みもページ読みもできる点や、一部のBLコミックが先行配信される点が良いところです。

ただ、メリットはそれくらいなので、「コマ読みじゃないと嫌だ!」とか「お気に入りのBL作品がアクセスBOOKSでしか先行配信されないんだ!」という理由がない限りは利用しなくてよいでしょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • コマ読みもできる
  • BLコミックが一部先行配信される
  • 無料作品が多い

【デメリット】

  • 月額課金制
  • ボーナスポイントが少ない
  • スマホのブラウザでしか読めない
  • 漫画以外の本はない

>>アクセスBOOKS

 

第24位:Amebaマンガ

第24位は、「Amebaマンガ」です。

Amebaマンガは、女性向けコミックに強かったり、レビュー機能があるところがメリットとして挙げられます。

特にレビュー機能は、実装されていないサイトが多いので貴重な機能です。

「私は女性向けコミックしかほぼ読まない!」
「レビュー機能は必須!」
という方には向いているかもしれません。

ただ、そこまで漫画がお得なわけではないので、レビュー機能重視という方くらいしかほんとに使い道がないような気がしますね。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 女性向けコミックに強い
  • レビュー機能がある

【デメリット】

  • 漫画以外の本はない
  • 女性向けコミック以外は弱い
  • お得度は低い

>>Amebaマンガ

 

第23位:コミなび

第23位は、「コミなび」です。

コミなびは、横読みだけでなく縦読みにも切り替えられる点が良いところですね。

ただ、それくらいしか良いところがなく、漫画以外の本は取り扱っていませんし、漫画の品揃えも微妙です。

正直、縦読みできる良いサイトは他にもあるので使わなくて良いと思います。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 縦読みもできる
  • 来店ポイントがもらえる

【デメリット】

  • 月額課金制
  • 漫画以外の本はない
  • 取り扱いタイトルが少なめ

>>コミなび

 

第22位:アニメイトブックストア

第22位は、「アニメイトブックストア」です。

サイトやアプリが使いにくいので基本的にはあまりおすすめできないんですが、使う人によっては良いサイトになる可能性があります。

というのも、描きおろし特典がもらえたり、アニメイトのポイントが使えたりするんですよね。

なので、ここでしか手に入らない特典をどうしてもGETしたい人や、普段からアニメイトを頻繁に利用する人にとっては利用する価値があるサイトといえそうです。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 描き下ろし特典画像やメッセージがもらえる
  • アニメイトのポイントを使える
  • 定期的にコイン還元キャンペーンがある

【デメリット】

  • サイト・アプリ共に使いにくい
  • 漫画・ラノベ以外の本はない

>>アニメイトブックストア

 

第21位:Kinnopy

第21位は、「Kinnopy」です。

Kinnopyは、紀伊国屋書店が運営している電子書籍サイトです。

普段から紀伊国屋書店を利用していて、Kinnopyも含めて毎月1万円以上は本を買う人には少しお得なサイトですね。

ただし、サイトやアプリの使い勝手はあまり良くなくて、漫画の取り扱い作品数も大手と比べると少なめなので、個人的におすすめとはあまり言えないサイトです。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 紀伊国屋書店のリアル店舗も含め毎月1万円購入するならお得
  • 漫画以外の本もある

【デメリット】

  • サイト・アプリ共に使いにくい
  • 取り扱い品数が少なめ

>>Kinnopy

 

第20位:ブック放題

第20位は、「ブック放題」です。

ブック放題は、月額500円という安さで漫画・雑誌・るるぶが読み放題なサイトです。

るるぶが読み放題なのはこのサイトくらいなので、るるぶ好きにはたまらないサイトかもしれませんが、漫画好きには微妙なサイトです。

というのも、読み放題なのは名前も知らないような古い漫画ばかりだからです。

「私は昔の漫画のほうが好きなんだ!」という方には良いかもしれませんが、多くの方には合わないサイトだと思います。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 月額500円(税抜き)で漫画・雑誌・るるぶが読み放題

【デメリット】

  • 読み放題なのは古い漫画ばかり
  • ログイン認証を頻繁に求められる

>>ブック放題

 

第19位:ひかりTVブック

第19位は、「ひかりTVブック」です。

ひかりTVブックは、アプリが高機能なのとBLに強いのが特徴です。

ただし、作品数が少なめだったり、アダルト作品は規制が多めなので良いところが隠されていて見えなかったりするので、満足に楽しめない可能性もあります。

アプリで縦読みできるサイトやBLに強いサイトは他にもあるので、強いて選ばなくてもいいんじゃないかなというのが正直な感想ですね。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 縦読みができたりとアプリが高機能
  • BLに強い
  • 漫画以外の本もある

【デメリット】

  • 作品数が少なめ
  • 購入する時にいちいちカートに入れないといけない
  • 成人向け書籍は規制が厳しい
  • ダウンロードに時間がかかる

>>ひかりTVブック

 

第18位:dブック

第18位は、「dブック」です。

漫画以外の本も読めたり、最初の1カ月は30%ポイント還元があったりと良いところもあるんですが、2位でご紹介するDMM電子書籍のほぼ下位互換なので、あまりおすすめできません。

デメリットもそこそこあるので、ドコモのサービスに強いこだわりがある人以外は向かないかと思います。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 漫画以外の本も読める
  • 最初の1カ月はずっと30%ポイントバック

【デメリット】

  • 複数タイトルを同時購入できない
  • アプリで本を購入できない
  • 少女コミック以外の取り扱いが少ない
  • 特にTL・BLはかなり少なめ
  • アダルトコミックの取り扱いがない

>>dブック

 

第17位:Kindle

第17位は、「Kindle」です。

Kindleは、とにかく全体的な品揃えが良く、欲しい本はわりと揃うサイトです。

特に、実用書の品揃えは電子書籍サイトのなかでトップで、電子書籍を実用書メインで読みたい人にとっては1番良いサイトです。

しかし、漫画が安くなるキャンペーンや仕組みがほとんどないため、漫画を読むのには向いていないサイトです。

もしKindleを使うとしても、実用書だけを読むサブ的なポジションとして使うのがよいでしょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 特に実用書の品揃えが良い
  • 文字にマーカーを引いたりできる

【デメリット】

  • 漫画が安くなるキャンペーンはほぼ無い

>>Kindle

 

第16位:FODプレミアム

第16位は、「FODプレミアム」です。

FODプレミアムは、どちらかというと漫画はサブ的なポジションです。

なので上位の漫画電子書籍サイトと比べると「凄くお得!」というわけではないのですが、電子書籍が20%還元で買えるのでそこそこの恩恵はあります。

FODプレミアムは月額料金がかかりますが、フジテレビの番組を観れたり、指定の雑誌が読み放題だったりするので、このあたりのサービスも利用したい方には良いサイトだと思います。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • フジテレビの番組を観ることができる
  • 雑誌が読み放題
  • 電子書籍はいつでも20%還元

【デメリット】

  • 月額888円(税抜き)かかる
  • 漫画の品揃えは少なめ

>>FODプレミアム

 

第15位:U-NEXT

第15位は、「U-NEXT」です。

U-NEXTは動画が観れるサービスだと思っている方が多いと思いますが、一応漫画も読むことができます。

毎月貰える1,200円分のポイントを使って読む形ですね。

ただし、そもそも月額料金が1,990円かかるので漫画目的で使うならお得度は0です。

動画や雑誌をメインで利用して、ついでにちょっと漫画も読みたいなという方には良いサイトだと思います。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 動画、雑誌が読み放題
  • 毎月1,200円分のポイントが貰える

【デメリット】

  • 月額1,990円かかる
  • 漫画の品揃えは少なめ

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

>>U-NEXT

 

第14位:BOOK☆WALKER

第14位は、「BOOK☆WALKER」です。

BOOK☆WALKERは、ライトノベルに1番強い電子書籍サイトです。

「漫画も読むけど、ライトノベルもわりと読む」という方にはおすすめのサイトですね。

「読みたいライトノベルが他のサイトにない」
「限定特典がほしい」
という方は、BOOK☆WALKERを使いましょう!

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 漫画以外の本もある
  • ライトノベルの品揃えNo.1
  • ライトノベルに限定特典が付いていることも
  • 買えば買うほど還元率が上がる
  • KADOKAWA系列の本がお得に買える

【デメリット】

  • ライトノベルを買わないなら微妙

>>BOOK☆WALKER

 

第13位:auブックパス

第13位は、「auブックパス」です。

auブックパスは、月額562円で指定の漫画・雑誌・小説・実用書・写真集が読み放題で読める電子書籍サイトです。

普通に最新の本を買ったりすることもできます。

月額たった562円で読み放題なのは破格なのですが、古い本が多かったり、読める本が少ないのがデメリットです。

漫画を読むのが目的の人は、この記事の上位で紹介しているサイトのほうが最新の漫画や本を安く読むことができるので、正直そちらのほうが合っているかと思います。

ただ、「べつに古い本でも何冊か読めるならいいや」という方はauブックパスでもいいかもしれませんね。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 月額562円(税抜き)で指定の漫画・雑誌・小説・実用書・写真集が読み放題

【デメリット】

  • サイト・アプリ共に使いにくい
  • 読み放題は古い作品が多く、数も少ない

>>auブックパス

 

第12位:いつでも書店

第12位は、「いつでも書店」です。

いつでも書店は、ぶっちゃけていうとそんなに目立った特徴がないサイトです。

ただ、良いところを強いて言えば、月額コースのポイント還元率がそこそこはあるのと、本棚に鍵をかけれるところあたりですかね。

そこまで際立ったデメリットもないので12位にしましたが、上位のサイトでもっと良いサイトはあるので、べつに選ぶ必要はないでしょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 漫画以外の本も読める
  • 本棚に鍵をかけれる

【デメリット】

  • 月額課金制
  • 大手と比べると品揃えが悪い
  • 検索機能が使いにくい

>>いつでも書店

 

第11位:honto

第11位は、「honto」です。

hontoの最大の特徴は、リアルの書店と連携しているところですね。

丸善、文教堂、ジュンク堂でわりと頻繁に本を買うのならお得なサイトです。

ただ、上記の本屋を使わない人には良さがそんなに発揮できないので微妙だと思います。

丸善、文教堂、ジュンク堂をよく利用する方だけ、使用を検討しましょう。(個人的には、それでも1位や2位のサイトのほうがおすすめです)

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 新規登録で30%OFFクーポンが貰える(最大5,000円まで割引)
  • 漫画にもコメントを残せる
  • 本にマーカーを引ける
  • 丸善、文教堂、ジュンク堂のリアル書店も使うとお得

【デメリット】

  • 丸善、文教堂、ジュンク堂を使わない人は微妙
  • 際立って凄い特徴はない

>>honto

 

第10位:Renta!

第10位は、「Renta!」です。

Renta!は、電子書籍サイトでは珍しく、レンタルも可能なサイトです。

ただし、レンタルできる漫画は案外少ないですし、他の電子書籍サイトと比べて割高だったりするので、そこまで強くおすすめできるサイトではありません。

読みたい本が48時間レンタルに対応しているなら使ってもいいかもしれませんが、長期的に使うなら微妙なような気がします。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 一部作品は48時間レンタルができて安い

【デメリット】

  • 48時間レンタルができる漫画が少ない
  • 集英社の漫画の取り扱いがない
  • 他の電子書籍サイトに比べて割高

>>Renta!

 

第9位:クランクイン!コミック

第9位は、「クランクイン!コミック」です。

クランクイン!コミックは、月額コースがある電子書籍サイトのなかで、月額コースのお得度が1番高いサイトです。

たとえば1,500円のプランだと3,000円分が使えるようになります。

課金した額の2倍も使えるのは凄くお得ですよね!

漫画以外の本はなかったり、PCでは読めないなどちょっとした制約はありますが、わりとお得なので、月額課金制が嫌じゃない人にはおすすめのサイトです。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 月額コースのポイント付与率No.1(1,500円のプランで3,000円分付与)
  • 縦読みもできる

【デメリット】

  • 漫画以外の本はない
  • 大手と比べると取り扱い本の数が少ない
  • PCでは閲覧不可
  • アプリでしか漫画を読めない
  • アプリで漫画を購入できない

>>クランクイン!コミック

 

第8位:楽天kobo

第8位は、「楽天kobo」です。

楽天koboはその名のとおり楽天が運営している電子書籍サイトなので、楽天ユーザーが使えばメリットがあります。

品揃えがよく洋書まで揃っているほどなので、楽天ヘビーユーザーの方は楽天koboを使うとよいでしょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 楽天カード、楽天銀行、楽天モバイルを使っていればお得
  • 漫画以外の本もある
  • 品揃えが良い
  • 洋書もある

【デメリット】

  • サイトが質素
  • メルマガが届かないように毎回チェックを外さないといけない
  • 楽天ユーザー以外は微妙

>>楽天kobo

 

第7位:BookLive!コミック(ブッコミ)

第7位は、「BookLive!コミック」です。

BookLive!コミックは、略して「ブッコミ」とも呼ばれています。

悪くはないサイトですが、万人におすすめできるサイトではないので7位としました。

良いところはTL・BL・アダルトコミックに強いというところです。

デメリットとしては、月額課金制なので頻繁に漫画を買う人にしかおすすめできないのと、アプリがないので電波が届かないところでは読めないのが大きなところですね。

また、漫画以外の本は取り扱いがないので、漫画以外の本もたまに読みたい人にとっては微妙です。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • TL・BL・アダルト系が多め

【デメリット】

  • 月額課金制
  • 漫画以外の本はない
  • オフラインで読めない

>>Booklive!コミック(ブッコミ)

 

第6位:コミックシーモア

第6位は、「コミックシーモア」です。

コミックシーモアは、女性向け・青年向けコミックに強いサイトです。

漫画以外の本もあるため、実用書なども購入することができます。

デメリットとしては、少年コミックに弱かったり、サイトやアプリが使いにくかったり、新刊の発売が遅いときがあるところですね。

女性向けコミックや青年向けコミックばかりを買う方にはそこそこ良いサイトですが、万人受けはしないサイトかなと思います。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 漫画以外の本もある
  • 女性向け、青年向けコミックが強い
  • 月額の読み放題プランもある(古い作品が多め)

【デメリット】

  • 少年コミックは弱め
  • サイト・アプリが使いにくい
  • 新刊の発売が遅い

>>コミックシーモア

 

第4位:BookLive!

第4位は、「BookLive!」です。

先ほどご紹介したBooklive!コミックを運営している会社が運営してる、もうひとつの電子書籍サイトですね。

違いが気になるかと思いますが、ざっくりいうと、Booklive!のほうが商品ラインナップが広く、個別課金制で購入しやすいのが特徴です。クーポンも充実しています。

 

BookLive!は漫画以外の本もあるうえに、トップクラスの品揃えを誇っているサイトです。

毎日ガチャでクーポンが貰えるので、毎日お得に本を買うことができます。

だいたい10%~20%OFFのクーポンが当たる確率が高いですが、運が良ければ最大で50%OFFが当たるので、なかなかいいサイトです。

デメリットとしては、アプリの使い勝手が少し悪かったり、TL・BL・アダルトコミックが少ないといった点ですね。

一気買いではなく、毎日こまめに漫画を買う方におすすめのサイトです。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 漫画以外の本もある
  • トップクラスの品揃え
  • 毎日ガチャでクーポンが貰える

【デメリット】

  • アプリの使い勝手が少し悪い
  • Mac用のアプリがない
  • TL・BL・アダルト系は少なめ

>>BookLive!

 

第4位:Reader Store

第4位は、「Reader Store」です。

ソニーが運営しているので、「Sony Reader Store」と呼ぶこともあります。

Reader Storeは、めちゃくちゃ凄いサイトではないんですが、欠点がなく、どこをとっても標準以上のものが揃っているサイトです。

下記でデメリットも一応挙げていますが、デメリットというほどのものではなく、良くも悪くも「全体的に普通」といった感じのサイトですね。

個人的には、使うとしても初回の90%OFFクーポンだけGETして本を安く買って、基本あとは他のサイトを使う感じでいいんじゃないかなと思います。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 初回限定90%OFFクーポンが貰える
  • 漫画以外の本もある
  • 買えば買うほど会員ランクが上がりお得になる
  • 新刊通知機能がある
  • 続巻自動購入機能がある
  • プレゼント機能がある

【デメリット】

  • サイトに面白味がない
  • 画質はそこそこ

>>Reader Store

Sony Reader Storeを徹底レビュー!【実体験あり】
Sony Reader Storeを徹底レビュー!【実体験あり】Sony Reader Storeについて知りたいですか?本記事ではSony Reader Storeのメリット・デメリットやよくある質問、始め方について、実体験をもとにレビューして解説しています。Sony Reader Storeを使おうか迷っている方は是非記事をご覧ください。...

 

第3位:まんが王国

第3位は、「まんが王国」です。

まんが王国は、漫画1冊あたりの値段が他のどんな電子書籍サイトよりも安いサイトです。

さすがに何百円も安いわけではないのでクーポンが使えれば他のサイトのほうが安いんですが、安定的に値段が安いのは嬉しいポイントですね。

あとは、10回使える90%OFFクーポンがたまに貰えるところも良い点です。

まんが王国の90%OFFクーポン10回使える90%OFFクーポン

個人的に、まんが王国はメインではなくサブ的なポジションで使うべきサイトだと思っています。

メインは他の電子書籍サイトを使いつつ、90%OFFクーポンがGETできないかチェックしておき、クーポンをGETできたら一気に10冊買うという戦法です。

登録だけしておき、良いところだけかっさらいましょう。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 漫画の値段が電子書籍サイトの中で1番安い
  • 10回使える90%OFFクーポンを貰えることがある
  • ギフト機能がある

【デメリット】

  • 漫画以外の本がない
  • 複数タイトルの同時購入ができない

>>まんが王国

まんが王国を本音レビュー!【メリット・デメリットから他社比較まで】
まんが王国を本音レビュー!【メリット・デメリットから他社比較まで】まんが王国のメリットやデメリットを知りたいですか?本記事では実際にまんが王国を使用している筆者が、まんが王国のメリットやデメリットを本音でレビューします。まんが王国を使おうか迷っている方は是非記事をご覧ください。...

 

第2位:DMM電子書籍(FANZA電子書籍)

第2位は、「DMM電子書籍(FANZA電子書籍)」です。

DMM電子書籍とFANZA電子書籍は正確に説明すると、

  • DMM電子書籍はアダルト系以外の本を全般的に扱うサイト
  • FANZA電子書籍はアダルト系の本のみを扱うサイト

という違いがあります。

ただ、運営元が「DMM.com」という同じ会社なので、1つのアカウントで両方のサイトを利用することができるんです。

なので、ここでは一緒に説明してしまいますね。
取り扱っている本のジャンルが違うだけで、どちらも使い勝手などは同じなので。

 

DMM電子書籍(FANZA電子書籍)は、初回に半額クーポンを貰うことができます。

初回半額クーポン初回半額クーポン

この半額クーポンがすさまじくて、なんと最大100冊まで適用することができるんです!

つまり、100冊が半額で買えちゃうということです。

DMM電子書籍(FANZA電子書籍)では漫画だけでなく写真集や実用書も買えるので、たとえば1,500円の本を買ったら1冊だけで750円も得してしまいます。

それが100冊だとすると、、普通に買うよりも75,000円もお得に買えちゃいます。
やばすぎますよね。

 

しかも、これと同じクーポンは年末年始やGWなどの長期休暇でも配布されます。

なので、長期休暇のたびにめちゃくちゃお得にまとめ買いできちゃうという最高のサイトなんです。

 

それだけではなくて、ビューアの画質は電子書籍サイトのなかでトップクラスに良く、私が使った限りではNo.1の画質でした。

高画質で見やすく、それでいて目に優しい明るさで照らしてくれるので最高ですよ。

DMM電子書籍(FANZA電子書籍)は必ず登録しておいてほしいサイトです。

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 最大100冊まで半額で購入できる
  • 7巻無料など無料の規模がでかい
  • アプリの使い勝手が良く画質も綺麗
  • 漫画以外の本もある
  • アカウント1つでDMM電子書籍もFANZA電子書籍も両方利用できる
  • FANZA電子書籍はアダルト系特化の電子書籍(アダルトジャンルNo.1)
  • DMM電子書籍はアダルト系以外の本を幅広く取り揃えている

【デメリット】

  • 女性向けコミックに少し弱い

>>DMM電子書籍(FANZA電子書籍)
※FANZA電子書籍を使う人もここから登録すれば大丈夫です。

DMM電子書籍を本音レビュー【使ってみたら最高でした】
DMM電子書籍を本音レビュー【使ってみたら最高でした】DMM電子書籍がどんな電子書籍なのか知りたいですか?本記事では、DMM電子書籍の特徴やよくある質問、始め方を解説します。実際に使った経験を踏まえて、デメリットも隠さず本音でレビューします。DMM電子書籍を使おうか迷っている方はぜひご覧ください。...
FANZA電子書籍のメリット・デメリットを徹底解説!おすすめな人は?
FANZA電子書籍のメリット・デメリットを徹底解説!おすすめな人は?FANZA電子書籍のメリットやデメリットを知りたいですか?本記事ではFANZA電子書籍のメリット・デメリット、おすすめな人、よくある質問、始め方について解説します。これからFANZA電子書籍を使うことを考えている人は是非記事をご覧ください。...

 

第1位:ebookjapan

さて、お待ちかねの第1位は、「ebookjapan」です!

2位のDMM電子書籍(FANZA電子書籍)も本が100冊半額で買えるので非常におすすめなんですが、ebookjapanは別の意味で頭一つ抜けているサイトなんですよね。

ebookjapanはとにかく無料で漫画を読みまくれるサイトなんです。

全巻無料というわけではありませんが、無料の範囲がかなり広いし、ラインナップがとんでもない!

毎週の週末には、超人気漫画がなんと10巻以上無料で一気読みできちゃうんです!

どんな作品が無料になるのかというと、たとえば過去には下記の作品が対象となりました。

  • 「るろうに剣心」が15巻無料
  • 「ヒカルの碁」が10巻無料

超名作が10冊以上も無料で毎週読めるなんてめちゃくちゃヤバいですよね?

「太っ腹すぎませんか!?」と言いたくなるレベルです。

 

しかも凄いのは、超名作が読めるだけではありません。

毎日無料で漫画を8話読めるシステムがあるんです。

すべての漫画を読むことができるわけではありませんが、指定の漫画であれば無料でほぼ結末まで読むことができます。

こういうのは大概古い作品が多いものなんですが、ebookjapanでは新しめの作品が多いので最高です。

私のまわりの漫画好きの人に聞いても、ほぼ全員がebookjapanを使っています。

漫画好きなら必ず満足できる電子書籍サイトなので、電子書籍サイト選びに迷っているのであればebookjapanを選んでおけば失敗することはありません。

会員登録も年会費も無料で本を買うときしか料金はかからないので、最低限このサイトは登録しておくようにしましょう!

総合評価

おすすめ度:

【メリット】

  • 週末に超有名作品を一気読みできる
  • 毎日無料で漫画を8話読める
  • 金曜日のポイント還元率が凄い(最大31%還元)
  • 本の品揃えがトップクラス
  • 漫画以外の本もある
  • 縦読みもできる

【デメリット】

  • アプリでの決済方法が少ない
  • アプリからサイトに直接飛べない

>>ebookjapan
※圧倒的におすすめです!

ebookjapanとは?【メリット・デメリット、評判、料金】
ebookjapanとは?【メリット・デメリット、評判、料金】ebookjapanとはどんな電子書籍サイトなのか知りたいですか?本記事では実際にebookjapanを使用している筆者が、ebookjapanのメリット・デメリット、評判、料金、始め方などを解説します。ebookjapanについて知りたい方は是非記事をご覧ください。...

 

【ニーズ別】おすすめ漫画電子書籍サイト

【ニーズ別】おすすめ漫画電子書籍サイト

たくさんご紹介してきたので、「何を使えばいいのか迷っちゃった…」という方もいらっしゃると思います。

ですので、ニーズ別に改めておすすめの漫画電子書籍サイトを整理しておきますね。

下記のニーズごとに、おすすめのサイトをそれぞれご紹介していきます。

名作含め無料で毎日たくさん読みたい人

毎日無料でたくさんの漫画を読みたい方は、第1位でご紹介した「ebookjapan」がおすすめです。

ebookjapanでは超名作が10巻以上無料という規模で毎週読めますし、それ以外のわりと新しめの作品も毎日8話無料でほぼ最終話まで読むことができます。

他の電子書籍サイトは無料といっても、古い漫画だけが対象だったり、何かの記念セール時だけだったりと限定的で使い勝手のよいものではありません。

名作含め無料で毎日たくさん漫画を読みたい人は、ebookjapanを利用しましょう。

100冊一気に半額で買いたい人

買いたい本がたくさんある人には、第2位でご紹介した「DMM電子書籍(FANZA電子書籍)」がおすすめです。

DMM電子書籍(FANZA電子書籍)なら、初回の購入時にもらえる半額クーポンで、一気に100冊まで購入することができます。

漫画だけでなく、実用書、写真集、小説など他のジャンルの本も半額になるので、お得の域を超えている神サイトです。

買いたい本がたくさんある人は、DMM電子書籍(FANZA電子書籍)を利用しましょう。

BL・TLをたくさん読む人

BL・TLをたくさん読む人にも、第1位でご紹介した「ebookjapan」がおすすめです。

第7位でご紹介したBooklive!コミック(ブッコミ)もTL・BLに強く、こちらも悪くはないんですが、月額課金制だったり、漫画以外は取り扱いがなかったり、オフラインで読めなかったりと使い勝手が少々悪いので、個人的にはebookjapanのほうがおすすめです。

ライトノベル・同人誌をたくさん読む人

ライトノベルや同人誌をメインでたくさん読む人には、第14位でご紹介した「BOOK☆WALKER」がおすすめです。

本を一気に大量買いするのであれば「DMM電子書籍」が1番おすすめなのですが、ライトノベルや同人誌の品揃えは「BOOK☆WALKER」のほうが良いんですよね。

限定特典がついてくることがあるので、ライトノベルや同人誌を中心に読む方はBOOK☆WALKERを利用しましょう。

アダルトジャンルをたくさん読む人

アダルトジャンルを読みたい人には、第2位でご紹介した「FANZA電子書籍」がおすすめです。

というかアダルト特化サイトなので、圧倒的すぎて他に選択肢がないレベルですね。

FANZA電子書籍に登録すれば同じアカウントでDMM電子書籍も使えるようになるので、普通の本も購入できるようになりますし死角なしです。

アダルト系を読みたい人は、FANZA電子書籍を利用しましょう。

画質の良いリーダーで読みたい人

画質の良いリーダーで本を読みたい人には、第2位でご紹介した「DMM電子書籍(FANZA電子書籍)」がおすすめです。

正直どこの電子書籍サイトでもある程度画質は良いのですが、私はDMM電子書籍(FANZA電子書籍)のリーダーが1番読みやすくて好きです。

ちょうどいい明かるさで照らしてくれて、なおかつ文字や絵も読みやすいので、他よりも目に負担なく読める感じがします。

画質にこだわりのある人は、DMM電子書籍(FANZA電子書籍)を利用しましょう。

漫画をレンタルして読みたい人

漫画をレンタルして読みたい人には、第10位でご紹介した「Renta!」がおすすめです。

Renta!では、一部の作品が48時間レンタルできるようになっています。

ただし、48時間レンタルに対応している漫画は少なかったり、集英社の漫画の取り扱いがないなどのデメリットがあるので注意しましょう。

ちなみに私は元々TSUTAYAでレンタルして漫画を一気に20冊くらい読んでいた人間なのですが、Renta!は人気作品がレンタルに対応していなかったりして合いませんでした。

個人的にそこまでおすすめはしませんが、気になる方はRenta!を使ってみるとよいでしょう。

 

迷ったらこの電子書籍サイトを使え!【私のおすすめ】

迷ったらこの電子書籍サイトを使え!【私のおすすめ】

それでもまだ迷ってしまうという方もいらっしゃいますよね。

そんな方のためにあえて1つに絞るなら、私は「ebookjapan」を使ってみることをおすすめします。

漫画メインで読むのなら、ぶっちゃけebookjapan1つ使っとけば十分です。

悩んでいるのであれば、まずはebookjapanを使ってみましょう。

まずは1個ためしに使ってみて、慣れてきて他の電子書籍も気になってきたら、その時また違う電子書籍サイトも使ってみればいいんです。

ひとまず、「ebookjapan」を選んでおけば失敗することはありませんよ。

 

電子書籍サイトを使うメリット・デメリット

電子書籍サイトを使うメリット・デメリット

はじめて電子書籍サイトを使う人のために、電子書籍サイトを使うメリットとデメリットも整理しておきますね。

電子書籍サイトを使うデメリット

  • 紙の質感を味わえない
  • 本を売れない
  • 寝る直前に読むとブルーライトを浴びて寝つきが悪くなる

電子書籍サイトを使うデメリットは、このあたりかなと思います。

とはいえ、ブルーライトを浴びること以外はたいしたデメリットでもないですね。

もともとは紙派だった私も電子書籍にすぐ慣れましたし、本を売って得るお金よりも電子書籍で安く買う方がはるかにお得です。

電子書籍サイトを使うメリット

  • 場所をとらない
  • 外でもすぐ読める
  • 無料で読めたり安く購入できる
  • 在庫切れの心配がない
  • 本を買いに行く手間が減る
  • 買うのが恥ずかしい本も気軽に買える

上記を見てもらえればわかる通り、電子書籍サイトを使うメリットは数多くあります。

購入ボタンを押せばいつでもどこでも一瞬で購入することができるので、めちゃくちゃ便利です。

GWや年末年始などの長期休暇には半額セールを行っていたりと、明らかに書店で買うよりもお得な点ばかりなので、ぜひこの機会に電子書籍デビューをしちゃいましょう!

 

電子書籍サイトについてよくある質問

電子書籍サイトについてよくある質問

電子書籍サイトを使ううえでよくある質問は以下の通りです。

それぞれサクッと解説していきますね。

Q.電子書籍リーダーを買わないと読めないの?

A.電子書籍リーダーがなくても読めます!

会社によっては専用の電子書籍リーダーを発売しているところもありますが、基本的にはスマホやタブレット、PCで読めるようになっているので、わざわざ電子書籍リーダーを買う必要はありません。

私も、いつもスマホで読んでいますしね。

そもそも専用の電子書籍リーダーを発売しているところ自体ほとんどないので、べつに気にしなくて大丈夫です。

Q.クレジットカードの明細で本のタイトルがバレないか心配…

A.クレジットカードの明細に本のタイトルが書かれることはありません。

クレジットカードには下記のような感じで、サイト名しか明記されませんので、どんな本を買ったのか他の人にバレる心配はありません。

まんが王国のクレジット明細表記 Sony Reader Storeのクレジット明細

Q.会員登録料金とか年会費はかかる?

A.会員登録料金や年会費がかかるサイトは一切ありません。

基本的に本を買う以外は無料で利用できますので安心してくださいね。

Q.複数サイトの併用っておすすめ?

A.おすすめです。

はじめは1つだけ使う形でも全然大丈夫ですが、慣れてきたら3つほどの電子書籍サイトをその時々によって使い分けるのがおすすめです。

私が主に使っているのは、

の3つです。

今回の記事でご紹介した第1位~3位のサイトですね。

初回はすべてのサイトで割引クーポンが配られるので、まずはクーポンを使って安く本を購入して、そのあとは大型キャンペーンが出てきたらそこで1番お得なところで購入するという使い方です。

とりあえずまずはebookjapanを使っておけばいいと思いますが、慣れてきたらぜひDMM電子書籍(FANZA電子書籍)とまんが王国も使ってみてくださいね。

 

まとめ

おすすめ漫画電子書籍サイトランキングまとめ

長くなったのでこの記事のまとめをして終わりにしますね。

特におすすめの漫画電子書籍

とりあえずはebookjapanを使っておけば問題ありません。

ebookjapanだけでも十分ですが、他の電子書籍サイトも併用してもっとお得に使いたくなったら、DMM電子書籍(FANZA電子書籍)やまんが王国もあわせて使っていけばよいでしょう。